Web会議サービスZoom

クラウド型働き方改革ソリューション

SCROLL

働き方改革とは

これまでの会議室という場所や会議システムやネットワーク環境などの制約条件を解放し、
様々な環境の中で誰もが簡単に使えて、ストレスなく自由なディスカッションができる!

Web会議サービス「Zoom」にお任せください!

会議室や社内組織、チームや社員、そして社外の関係者や
グローバルでメッシュでのコラボレーションワークを拡大し、ビジネスを加速します。

  1. 01
    場所からの解放

    会議室やミーティングコーナーへ人が集まるのではなく、繋がったところが共創環境になる。

  2. 02
    時間からの解放

    会議室予約の状況によって会議が先延ばしにされることなく、いつでも必要なタイミングで共創できる。

  3. 03
    プロセスからの解放

    会議準備のプロセスをできるだけ自動化し、短い会議時間で活性化した議論を促す。

Web会議サービス「Zoom」の特長

  • これまでに無い安定性! 
    独自の高データ圧縮技術で、これまでの
    Web会議サービスでは実現が困難であっ
    た高画質・高品質の画像・音声をモバイル
    回線メインで利用可能
  • 参加者のライセンス・
    アカウント登録は不要!
    ライセンス、アカウント登録は、主催者の
    みが必要で、参加者のライセンス、アカウ
    ント登録は一切不要です
  • マイクやスピーカー、
    カメラの接続が簡単!
    マルチデバイス対応のため、
    接続時にデバイスが認識しないなどの
    事象が発生しません
  • クラウドサービスだから
    情報共有も簡単!
    メジャーなクラウドサービスと連携し、
    情報共有の効率化を促進
  • 簡単にワンクリックで
    接続可能!
    参加者は、メールで来たミーティングIDを
    クリックするだけでミーティングに参加可能
  • 既存のTV会議も
    接続可能!
    既存のTV会議システムも繋がります!
    H.323 Room Connectorサーバを設置する事
    で、既存のTV会議システムへの接続が可能

Zoomのネットワーク接続イメージ

インターネットに接続可能な環境があれば、ポケットWiFiやLTEなどの狭帯域回線でも高品質な映像・音声で利用できる。

Zoomの操作イメージ

Case 01スマートフォンアプリ

アカウント登録無しでも、ミーティングIDで簡単に会議に参加可能!

Step 01

① 参加する会議のミーティングID(9桁または10桁の数字)を確認する
② アプリを起動する
③ 「ミーティングに参加」をタップ

Step 02

① 「ミーティングID」に数字を入力
② 「参加」をタップ

Step 03

① 会議を退出するときは画面上部の「終了」をタップ
② メニューが表示されるので「会議の退出」をタップ

Case 02デスクトップアプリ

資料共有はPCやスマートフォン・タブレット画面から共有可能(Zoomライセンス・アカウントは不要です!)

  • デスクトップ画面共有時の画面
  • スマホ画面での見え方
    

※スマホを横にすると、表示も横になります。また、ピンチイン・アウトで拡大表示もできます。

Roomsについて

Roomsライセンスの購入により、Roomコントローラ(iPad上で動作)にて以下の操作が可能です。

Zoomの活用事例

  • Case 01

    テレワーク環境でのコミュニケーション

    在宅ワークや外出先、お客様先とのコラボレーションにも、通信環境、デバイスに制限されることなく簡単にテレワーク環境を導入できます。

  • Case 02

    社外とのコミュニケーション

    社外の関係者(ミーティング参加者)にはライセンスは不要。ゲストはミーティングIDを入力するだけで簡単に参加することができます。

Zoomの機能

主な機能
機能 内容
マルチデバイス・
マルチプラットフォーム
PC:Windows、Mac、Linux/スマートフォン:iOS、Andoroid/
タブレット:Windows、iOS、Andoroid
ミーティング(会議) 双方向ビデオミーティング、スケジュール、録画(ローカル/クラウド)、資料共有、
ファイル送信、遠隔操作、同時画面共有、ホワイトボード、バーチャル背景、
BreakoutRoom、VoIPコールイン、IM/プレゼンス、連絡先、シングルサインオンなど
オプション機能 Zoom Rooms、ウェビナー、H.323/SIPコネクタ
連携 他サービスとの連携機能 Skype for Business、Box、OneDriveなど
セキュリティ 会議開催 会議参加時のパスワード設定、特定ドメインユーザーのみの参加制限、特定ユーザーの退出処理
通信 エンドトゥーエンド(両端)通信の暗号化(AES256bit)
※iOS、Android、Windows、Mac、Linux のクロスプラットフォーム環境で実現
管理機能 Dashboard機能 ミーティング開催数や会議累計時間、使用デバイスや版数のトップテン管理など
会議管理機能 会議参加端末毎の通信状態、CPU使用率などをリアルタイムまたは過去ログで管理

予告なしに随時バージョンアップが発生し、機能追加やUI変更等があります。

管理機能<Dashboard機能>
  • ・アクティブユーザ数
  • ・ミーティング開催数
  • ・ミーティング時間
  • ・録画データサイズ
  • ・管理者機能
  •  -ユーザ管理
  •  -グループ管理
  •  -ユーザ付与機能制限
  •  -セキュリティ
  •  -アーカイブ 他
管理機能<会議通信状態ログ機能>
  • ・帯域
  • ・遅延
  • ・ジッター
  • ・パケロス数
  • ・フレームレート 他 会議参加端末毎に確認可能
セキュリティー機能
Zoomの機能
会議開催 ・ランダムな会議ID発行
・会議参加時のパスワード設定
・ログインユーザのみの参加制限
・特定ドメインユーザのみの参加制限
会議中 ・ユーザ一覧の表示
・特定ユーザの退出処理
・会議室のロック(以降の途中参加不可)
・画面イメージの共有のみ
・資料画面にユーザIDを透かし表示も可
通信 ・エンドトゥーエンド(末端)でのコンテンツの暗号化(AES256ビット)
・通信はTLS(256ビット)を使用
※iOS、Android、Windows、Mac、Linuxのクロスプラットフォーム環境で実現
情報漏えい ・端末での録画機能制限
・IMでのファイル転送機能制限 など
※管理者権限で機能を制限することが可能
ログ ・ユーザID、端末情報、IPアドレス

Zoomサービス 基本ライセンス比較表

機能・プラン プロ ビジネス(アクティブホスト、エデュケーション) エンタープライズ
最低契約ライセンス数 1 ライセンス~ 10 ライセンス~ 100 ライセンス~
グループ会議
(3人以上)可能時間
無制限
100人以上の接続 標準100人 標準300人 標準500人
録画 PC/クラウドに録画可クラウドはライセンス数x1GB(※1) PC/クラウドに録画可クラウドはライセンス数x1GB(※1/※2) PC/クラウドに録画可容量制限なし
独自ドメイン機能 不可
オプション機能 ウェビナー機能/H.323/SIP連携/Zoom Rooms/Skype for Business連携(※3)
シングルサインオン機能 不可
管理用ダッシュボード 無し 有り 有り

※1 : 録画上限を超過しても保存は可能です。ただし上限に達した場合、容量の削除または追加購入しないとアクセスできなくなります
※2 :エデュケーションの場合は、ライセンス数x0.5GBとなります
※3 : 無償ですがオプションの申し込みが必要です